場所によって違うの?郊外で倉庫を借りるメリットとデメリット


広いスペースが見つかりやすい

荷物の一時保管やバイクの駐車など様々な利用ができる貸倉庫は場所によって特徴が異なります。郊外の倉庫を利用するメリットの一つがスペースの広さです。企業ビルや店舗がひしめき合う都市部では倉庫として利用するための十分なスペースの確保が難しいと言われています。そのため、大容量の荷物を保管するスペースが必要な場合には希望する条件の所を見つけにくいのが実情です。一方で郊外は土地代が安く広い敷地を確保しやすいという利点があります。

月額費用を含めた出費が安い

郊外での倉庫の利用はスペース以外にも費用面のメリットも得られます。都市部に比べて郊外は土地代が安いため必然的に利用者が負担する料金も低めになりがちです。同じスペースでも都市部に比べて大幅に安い金額で借りられるというケースも珍しくありません。一時的な使用であれば大きな影響はありませんが、年単位の長期利用では数千円の違いも大きなメリットになります。

郊外ならではのデメリット

メリットの多い郊外の倉庫にもデメリットになる部分はあります。使い方によっては大きな悩みとなるのが距離の遠さです。都市部に住んでいる人が郊外の倉庫を契約すると、荷物の出し入れの度に時間を掛けて足を運ばなくてはいけません。最寄駅からバスなどを使う必要があるほど離れた所を選んでしまうと不便が生じます。電車やバスに乗せられないような大型の荷物を運び出すとなれば自家用車やレンタカーが必要です。郊外で倉庫を借りる時は荷物の出し入れについて考えることも重要になります。

物流業界は、深刻な人手不足に悩んでいます。AIを導入すれば、これまで荷物の搬出や配送にかかった時間を大幅に削減できるでしょう。そうなれば少人数でも仕事が回るようになり、人手不足の状況が改善します。

Previous post 自宅で電気製品を作るときにはどんな準備が必要になる?
Close